【】

一番多い肌トラブルは乾きによる問題では
TOP PAGE > 一番多い肌トラブルは乾きによる問題では

一番多い肌トラブルは乾きによる問題では

一番多い肌トラブルは乾きによる問題ではないでしょうか。

カサカサ肌はとてもやっかいで、そこで、誘発されてしわが出来てしまったり、肌荒れにまでなってしまいます。

そんなときにオススメしたいのが、まず始めに化粧水をつける事です。お湯を浴びたにもか換らずお風呂上りは肌が一番乾燥しているので、化粧水を10秒以内につけるのがオススメです。敏感肌の悩みは、水分が不足することによるのが多いのですが、肌質と合っていない化粧水の使用は、マイナス効果になってしまいます。肌質どおり低刺激の化粧水を使うことで、たっぷりと保湿を心がけて下さい。



後、ダブル洗顔は肌に悪影響を与えますので、刺激の少ない肌に合うクレンジングで、メイクオフするようにした方がいいです。お肌にシミができる原因としてまず思い浮かぶのは紫外線ではありますが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。

その具体例として挙げられるのは、最近になってテレビなどでご存知の方も多い「肝斑」なのです。ホルモンバランスの乱れが引き起こすシミとして知られているのが、この肝斑になり、この患者となりやすいのが妊娠中や出産後の女性であるということが今や周知の事実です。ピルの服用によっても肝班の発症率は上昇すると言われており、その治療は紫外線によるシミにくらべて困難であるでしょう。美肌とウォーキングをすることは全く関わりを持たないことのように感じられますが、本当は密接関係にあります。
正しい姿勢を保ってウォーキングすると、スムーズにお肌へ血流が流れるので、新陳代謝が活動的になり肌が美しくなれますし、高血圧や動脈硬化などの成人病にならないためにも良い結果がでています。長くお風呂に入るのが好きな私はお肌の乾いてしまうのを未然に防ぐために、いつも洗顔をした後は直ちに化粧水をつけてから、出来るだけゆっくり入浴を満喫しています。


でも、真冬のシーズンはこれだけで済ませてしまうのは入浴後の乾燥が気になりますので、化粧水の後に保湿美容液もまんべんなく塗ってお風呂に入りますが、これをやるようになってから乾燥肌が飛躍的に改善されてきました。
「ポリフェノール」って聞くと、それは美肌に欠かせないでしょうって思いますね。

抗酸化作用が特性のひとつに挙げられます。

体にとってはあまりよくない活性酸素の働きを抑制して、お肌にシミができるのを防いだり、いつの間にかできていたシミを改善してくれます。こんな文句なしの効果があるポリフェノール。それ自体は素晴らしいのですが、効果を体の中で発揮するのはおよそ3時間という短い時間。そのため、こまめに摂取することもシミ対策になりますね。お肌が薄い人は、そうでない人とくらべてシワがたくさんできるそうです。



肌が乾燥しやすい、突っ張る、シワができやすいなどから「肌が薄いかも」と思っている人は自分の肌を少し確認してみるといいでしょう。
肌から血管が青く透けて見えているなら、大体薄い方だと考えてよいでしょう。
皮膚があまり薄い場合は皮膚に厚みがあると、そこに水分を充分溜めておけますが、そうでないと乾燥するのが早いので、肌の若々しいハリが消え、肌はしぼんでシワがよくわかるようになります。そして年々、肌は薄くなっていくそうなので、肌の薄い自覚のある人は、日常的に肌の老化を防ぐ努力をした方がいいみたいです。
ニキビという言葉は、10代までの若い子たちが使う言葉で、20代以上になるとニキビではなく吹き出物といわなければならないなんてよく耳にします。
つい先日、珍しく鼻の頭に大きな吹き出物ができてしまったので、主人に、「あ、ニキビだ」というと、笑いながら、「その歳じゃもうニキビなんて言わないよ」と、バカにされてしまいました。

年齢を感じさせるシワやたるみが出来る原因として、乾燥はぜったい無視できないでしょう。



表面の乾燥がつづくと皮膚の深い部分の潤いが保持できなくなり、しわができてきたり、出来たシワが定着しやすくなります。目の周囲は水分蒸散の防御となる皮脂の分泌が顔の他の部位にくらべて極端に低いので乾燥によるダメージを直接受けるので、どこよりも先に年齢を感じやすいのです。
若いころにくらべるとコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が減るため、法令線につながる口元のシワなどが生じやすいです。



肌年齢をキープするためにも適切なケアをしていきたいものです。乾燥肌によるお肌でお悩みの方のケア方法としては、化粧水を使って乾燥したお肌にたっぷりと水分補給をした後、必ず乳液を付けて、補給した水分を逃さないようにお肌にふたをします。また、体の中からも、しっかりと、水分を与えることが必要なので、トータルで2Lくらいの水を摂取するようにしてみて下さい。
しっかりと水分補給と保湿をして、肌トラブルを解消しみずみずしいお肌を目指しましょう。

ただいまの時刻








Copyright (C) 2014 肌トラブルのメンテ達人 All Rights Reserved.

ページの先頭へ